さて、学生ビザを取得する際。語学学校を選ぶ際。
留学エージェントを使う人が意外と多いですね。

え?何で?と思ってしまう私。

エージェントって、必要ですか?

21976201


私は、エージェントは一回も使ったことがありません。
何故だと言われたら理由は明快。自分でできるからです。 

エージェントといえども相手は弁護士免許を持っているわけでもない普通の人です。
言うなれば、私たちと一緒。 
ただ、少し普通の人より経験が多くあるだけ。

その経験が多くあるだけの一般人
わざわざ高いお金を払って手続きの代行をしてもらうというのは
少し納得がいかないのです。私は。(ひねくれている)

というか、まず私が留学した時、
エージェントに頼むという考えはそもそもありませんでした。 

学生ビザの申請料もかかるのに、
エージェントに払うお金なんてない。 
って思いましたね。

それに、学校探しの際。


私は語学留学もしたのですが実際に語学学校に通ったのは2ヶ月ほどで、
(その2ヶ月の間でJohnに出会ったのです♪奇跡!)
主に専門的なことを学ぶために違う学校に行きました。そっちがメインです。


その学校を探す時、
インターネット上ではもちろんエージェントがゴロゴロ出てきました。

で、見てみたのですが、

その行きたい学校のウェブサイトに載っている金額と
エージェントの示す金額が超違う。

げげっ、エージェント高っっっ!!!
と思いました。

えー、これ何?手数料?それにしても高すぎ…

まぁでも確か無料相談?みたいなことはやってたようなので、
そのエージェントにコンタクトを取ってメールのやり取りはしました。

しかも、私、エージェントをうまく利用しました。笑


当時あまり英語に自信がなかった私、学校と直接やり取りするのが少し緊張したので
ちょっとエージェントにお願いしてコースの詳細とかを聞き出してもらったのです。笑

もちろん、契約前なので無料で。

コースの内容が気になるので、
そのコースの詳細が分かったら申し込みたいのようなことを言いました。 

「申し込む」ではなく「申し込みたい」 と言いました。あくまでも希望、という感じで。

もちろん申し込むつもりでしたが。エージェントを通さずに。
 
案の定、私が契約してくれると思い込んだエージェントは
めちゃくちゃ丁寧に何度も学校に連絡を取ってくれました。 
私の聞きたいことを全て聞いてくれたので、
エージェントはもう用なし。 悪女Shelly、、、笑

ごめんね。エージェントさん。そしてありがとーう。


こういった感じでエージェントを利用させてもらっちゃいました。

そして学校に申し込むことを決めたら、音信不通を決め込みました笑
悪い客です。


だって、高すぎ。

ごめんなさい。当時のエージェントさん。


自分の納得のいく留学にしたいですもんね。

もちろんたくさんのエージェントがある中で、
ここは良心的、ここはリーズナブルだから是非使いたい、というのであれば
使ったほうが良いです。全部やってくれるからラクだし!

でも値段や対応に疑問符を感じたのであれば、やめておきましょう。

学生ビザ、語学学校探しなんて自分でいくらでもできます。


英語を学びたいんですよね?
それなら尚更、自分でやりましょう。
 
自分でビザの申請をすれば自信に繋がります。英語の勉強にもなります。

大体こうやってエージェントに頼って何でもかんでもやってたら
英語なんてできるようになりません。

しかも今の時代、ネットで調べればいくらでも出てきます。
日本語だけでなく英語でも調べたら情報は山のように出てきます。


もうこの時代、エージェント、いらなくね?
 
と思うのですが、まだ需要はあるのでしょうね、きっと。


あと基本的に私は恐らく見ず知らずの人を信用してないです。
グリーンカードの時もそうでしたが、エージェントにお金払って頼むってことは、
見ず知らずの人に自分の未来を預けるってことですよね?

それって怖すぎません?

もし失敗されたら、私は一生恨むでしょう。そして私自身も責め続けると思います。
なんで自分で頑張らなかったんだろうって。
エージェントは知ったこっちゃないです、失敗しても。

別に相手は見ず知らずの客、
こっちはやることやったんだから結果はどうであれ文句言うなよ、と思うでしょうね。 

視点を変えてみれば、

弁護士でもないエージェントに務める一般人ができることは、
私たちにもできるんです。 

参考程度にエージェントに連絡を取ってみるのもいいでしょう。
でも、最終的にやるのは自分でやりましょう。