これも考える人、いるようですね。
確かに、まだあなたが若い場合、
アメリカ人家庭の人と養子縁組をして…と考えるのは自然かもしれません。

lgf01a201412240600

ただ、これは非常に難しいです。

結論から言うと、無理に等しいです。


さて、米国にはハーグ国際養子縁組条約の加盟国です。

ハーグ国際養子縁組条約とは、子、実親、将来の養父母の保護を強化し
条約締約国間での養子縁組において国際的に認められた規則と手続きを確立する条約。
この条約は、国際養子縁組が子の最善の利益のために行われ、
子が愛にあふれた家庭を恒久的に確保できるよう、締約国に枠組みを提供するものです。

ちなみに日本はまだハーグ国際養子縁組条約を批准していないようです。

養子になるには、

16歳以下の孤児(親の死去、失踪、逃亡、放棄などの理由による)であること
養子になる目的のためだけに渡米すること
養父母と2年以上暮らすこと(その期間は移民局の監察下にあり、
報告書や写真などの審査が求められるらしい)

の最低条件があります。


それに、そもそも16歳以下と言っていますが
ある程度成長した子を引き取るというのは結構難しいことですよね。 

養子に迎えるのはほとんど小さな子供が多いです。

小さな子どもがグリーンカードを欲しいと考えるはずもないので、
グリーンカードを取得するために養子になるのはほぼ無いと言ってもいいでしょう。

それなら適当に相手を見つけて偽装結婚でもした方が早いです。
どうやってグリーンカード取るん?① 参照。



というわけで、養子になろうなどというバカな考えはやめましょう。

ご両親にも合わせる顔がありません。

そもそも、ご両親が健在なら養子になるのは無理です。

そもそも、あなたが16歳以上でしたら無理です。



ちなみにですが、もしあなたが21歳以下の子供がいる場合
結婚の時のグリーンカード申請は子供の分までできます。

子供が21歳以上の場合は、
残念ながら子供の分のグリーンカードは取れませんが。


その辺も計画的に(?)結婚してグリーンカードを取得しましょう。


何が言いたいかというと、
養子縁組を考える暇があったら他の方法を探しましょう、ってことです。

どうやってグリーンカード取るん?の記事を読んでみてくださいね。

どうやってグリーンカード取るん?①
どうやってグリーンカード取るん?②
どうやってグリーンカード取るん?③
どうやってグリーンカード取るん?④
どうやってグリーンカード取るん?⑤


さて、暑い日が続きますが、ロサンゼルスの良いところは湿気がない所ですね。
カラッとしているので暑さがそこまでキツくないですね。
いや、充分キツイですが、恐らく日本の夏はもっと厳しいかと。

とーってもジメジメしているんでしょうね…。あぁ嫌だ嫌だ。

私は、ロサンゼルスの気候が大好きです。