今日は、語学学校の選び方について書きたいと思います。

タイトルにあるように、この記事は
真面目に英語を学びたい人だけ見て下さい。笑

gatag-00006210

最近かなりポピュラーになってきている語学留学。
あなたも一度は憧れたこともあったのでは????

語学留学は、一番ポピュラーなアメリカ留学です。


ですが…

落とし穴があります。


一番人気だけど、
一番英語力がつかない留学なんです。 


えっ!?そうなの…!???これから語学留学しようと思っていたのに。
という方。

まずは、この記事を読んで下さいね!


さて、ほとんどの皆さんが行かれます語学学校とはどういう所かといいますと、 
その名の通り、英語を学ぶところです。ま、当然ですよね。 

語学学校はクラス分けがあり、レベルごとにクラスが違います。 

まず入学時の手続きをする時にプレースメントテストと言って
今現在の英語力を調べるテストを行います。 

ここでもし英語力が乏しい場合は下のクラス、なかなかできる方は上のクラス、
まぁまぁな方は真ん中あたりのクラスとそういう感じになります。

私の行っていた語学学校は、レベル1から5に分けられていました。
1から7まである所もあるし、それは学校によって違います。


いやいや、まずレベル分けどうこうの前に
どこの都市に行くかは非常に大切。

私の住むロサンゼルス、ニューヨーク、
サンフランシスコ、シアトル、サンディエゴ、等は大人気都市。

人気ということは、もちろんその分日本人は多いです。
あなたが行きたい所は、みんなが行きたい所。
日本でも、東京や大阪は外国人留学生が多いですよね。
有名な大都市は、当然人が集まりやすいのです。

大都市に留学するということは、誘惑もその分多いです。
かなり固い意思を持って行かないといけません。誘惑に流されてしまいます。

最初は英語を頑張ろう!と思っていても、
異国の地。ひとりぼっち。
英語わかんない。

なので、

日本人とつるむ方が楽。
言葉が通じる。楽しい。

いつの間にか日本人たちとばかり出歩き、気付いたら帰国日。
あれ?私、英語話したっけ…???

というオチに。

帰国後友達に、英語ペラペラになった!?
と聞かれ、うっ…聞かないで。ってなります。

私はそうはなりません!と思っていても、人間案外弱いもんです。
本来人間は流されやすい生き物なんですよ。我々日本人は特に。


さて、語学学校の話に戻りますが、一体どのようにして選べば良いのでしょう?

私は、値段と質は比例していると思っています。
大学付属のESLなんかは授業料は結構高いですが、講師も質もそれなりだと思います。

逆に安い小さな語学学校は、講師もそれなり。生徒の質もそれなり。

授業料が安い=講師に払える給料も低い=それなりな講師しか来ない。
授業料が安い=ビザ維持目的の生徒が増える=それなりな生徒。


こういう悪循環に陥るわけです。

授業料が安い所は、なんと講師がネイティブスピーカーでない所もあります。
あれ?なんかこの先生、メキシカン訛り入ってないか…?みたいな。笑

そして、生徒も真面目に勉強する態度の生徒なんて少数。
みんなテキトーに授業を聞いて、テキトーにテストを受けて、
I-20というアメリカ滞在に必要な書類をキープするために通っているのです。

さ、授業が終わったらバイトバイトー。です。


真面目に英語を学びたいあなた!
そんな学校は嫌ですよね?

なので、あまりにも安すぎる所はやめておいた方がいいでしょう。
 
そして、日本人比率を気にするあなた。
どこの学校に行っても、日本人はいます。 

大都市に限らず、日本語で検索して出てくる学校というのは日本人がいます。

あ、確かに…と思ったでしょう?そんなもんです。

英語で検索しなきゃ出てこない田舎の学校は、日本人がいないかも。
でも、そんな英語力ないからこうやって日本語で検索しているんですよね。
分かります分かります。

だから、あなたが選ぶ学校には必ず日本人がいるんです。 

私のオススメは、語学学校に数ヶ月行って、
コミュニティカレッジや
大学にトランスファーする
のがいいと思います。

英語を学ぶ近道は、英語を勉強するのではなくて、英語で何かを勉強すること。 

つまり、英語で音楽を勉強するとか。英語でダンスを勉強するとか。
英語で美容関係を学ぶとか。

英語で何かを勉強するというのはとても良いと思います。 
「英語を勉強する」のとは違い、英語ができることは大前提。
その「何かを勉強する」ために、英語は「できなきゃ困る」んですよね。

それに、共通の趣味を持つ現地の人
とも関わることができるのも大きいです。

語学学校の最大のデメリットは、現地の人がいない。
先生を除くと、現地の人はいません。

つまり、アメリカ人がいないのです。 
それってつまり、
アメリカ人と会話するチャンスが少ない。

語学学校に来ている生徒は当然語学を伸ばしたいと思っているわけです。
なので、語学が完璧なアメリカ育ちの人は、来るはずがないですよね。

それって、結構見落としがちなんですよ。
語学学校のパンフレットってずるいなーと思うんですが、 

通ってもいない英語うまそうな白人
がたくさん載ってます。 

で、実際蓋を開けてみたら中国人や日本人だらけやないかーい! 
みたいな所が多いです。土地にもよりますが。

パンフレットを見て、こういう人たちがたくさんいるんだ!
と目を輝かせて行った人たちは、がっかりするでしょう。 

一種の詐欺みたくなってます。笑


なので、やはり語学学校は何年もいるところではない。
語学学校は数ヶ月で出て、
コミュニティカレッジや大学にトランスファー。
これが英語を学ぶ近道だろうと思います。 


または、渡米後に語学学校に行きながら他の学校を色々見て、
雰囲気が良さそうな語学学校にトランスファーするのもアリだと思います。

その頃にはレベルが少しは上がって上のクラスに入れるかもしれませんしね!

レベルが下だと、レベルが下の生徒ばかりなので、
英語が下手同士話す練習をしても、ハッキリ言って無駄。 

間違った英語を話す練習を永遠にしていても通じる英語にはなりません。

上のクラスに行けば、レベルの高い生徒がいます。
そういう人たちとは英語の練習になるでしょう。 
ただ、それにはそのレベルに達さなきゃいけませんよね。

なので、ある程度の英語力はやはり必要となってくるわけです。

日本で、
出来る限りの勉強をしてきましょう。


語学学校は、頑張って無理してでも上のクラスに入ります。
そして、数ヶ月でトランスファー。

自分を追い込む!

もちろん息抜きは必要ですが、最初は少し頑張りましょう!

日本人とも遊びましょう。でも、人を選んで! 
意味、分かりますよね。 マリファナを吸う人たちに思うこと。
に出てくるような人とはやめた方が良いんじゃないかな?
まぁ全て貴方次第ですがね。

そうです。自分次第なんです。

語学学校、もし気に入らなかったら数ヶ月と言わず
すぐに違う所を見つけてトランスファーした方がいいです。

なので、できればいくらまとめ払いが安くても
留学前に1年分先払いとかはやめた方がいいですね。
学費が返ってこなかった場合最悪です。

大人になってからの語学習得はとても大変です。
自分で学費を払う方も多いでしょう。

だからこそ、こだわって下さい!

私は、グリーンカードだけでなく留学の相談も受け付けています。
私自身が学生だったので、皆さんの気持ちが分かるんです。
なんでもコメント下さいね。