指紋採取までトントン拍子に進んだあなただと思いますが、
その後はひたすら待ちます。 
移民局は、放置プレイが大得意。 見事に音沙汰無しです。

でも安心して下さい。必ず何かアクションは来ます。
ただ、少し時間がかかるだけです。

というかね。DVプログラムの私たちは、雇用ベースの人達に言わせれば激早。 
文句言ってんじゃねーよ、という感じです。多分。 

いや、結婚ベースも相当早いですけどね。


とりあえず待ちましょう。


すると、大体2ヶ月くらいでしょうか。私たちの場合は2ヶ月でした。

EADカードというものが届きます。

:I-765、I-131をAOSパッケージにて提出している人のみです。
I-485のみ提出し、労働許可と渡航許可を提出していない人は届きません。

こんな感じの見た目です。

unnamed

これは、コンボカードと呼ばれていて、
このカード1枚で労働許可、渡航許可が証明できるものです。

普通のEADカードはこちら。

6a00d8341bfae553ef015436678628970c-800wi

どちらもネットの拾い物ですが。

よく似た2枚のカードですが、何が違うかというと、
アメリカに再入国できるかできないか。

1枚目のカード(コンボカード)の右下を見てもらうと分かるように、
SERVES AS I-512 ADVANCE PAROLEとあります。

一方2枚目のカード(普通のEADカード)は、
NOT VALID FOR REENTRY TO U.S.とありますね。

読んで字のごとくです。

I-512 Advance Paroleとは渡航許可のことです。
要するに、このカードがあれば再入国できます。

つまり、このカードさえあれば
グリーンカード申請中にも関わらず、日本に行ったり海外旅行ができるのです!

グリーンカード申請中って、
グリーンカードが取れるまではアメリカ出たらダメってよく聞きますよね。

いいえ、大丈夫です。このカードさえあれば!!

なので、みなさん、申請しとくべきですよ。AOSパッケージを提出する際に。


身内の不幸があったり、急な旅行の用事などできた時に
アメリカを離れることができないのは非常に不便。
何かあったらどうしよう、と気持ちも落ち着きませんよね。

でもこのカードがあれば安心です。

しかも!このカードを使って、合法的に働ける。

渡航許可だけでなく労働許可でもあるこのカード。
EADカードEADとはEmployment Authorization Documentの略。

立派な労働許可なのです。

どうします!?皆さん?!
アルバイトすら違法だった学生さん。働けますよ!

そこの会社以外で収入を得ると違法だった就労ビザ保持者の方!
週末などを使ってお小遣い稼ぎできちゃいますよ!

どこでもOKなわけです。Targetでも、マクドナルドでも、Nordstromとかでも。
それだけでも、一歩永住権保持者に近づいた気分になっちゃいますよね!

このカードをが届いた際、ShellyもJohnもワクワクでした笑
気分的にはグリーンカードが届いたような気分でした笑

やっぱり書類とかよりも、「カード」というものを手にすると嬉しいですよねー。

ちなみにこのカードに付いてくる写真も、指紋採取の時に撮った写真です。
…いいのいいの。写りが悪くても。このカード自体に意味があるっっっ!!!!


というわけで、このカードが届けば比較的待つのは気楽かもしれませんね。
働けるしアメリカ出れるし。 

ちなみに、このカードもグリーンカードもUSPSのプライオリティメールで届きます。