さて、前記事で必要書類をだーっと箇条書きにしましたが、
その中でもI-693に注目してみましょう。

これは健康診断ですが、まぁ単刀直入に言うと、注射です。

topImgHolisticCare


そしてこの健康診断はUSCISによって指定された病院で受ける必要があります。

そんなこと言われても、どこが指定された病院やねん?
と思う人のために、こちらのリンクをクリックして、ジップコードか住所を入力。

あsd

そうすると、最寄りの病院がいくつも出てきます。
何件かに電話して、「グリーンカード用のメディカルエグザムはいくらですか?」
と料金を聞くと良いでしょう。

病院によって値段が違うので、同じ内容なら安いほうがいいですよね、もちろん。

私たちはというと、知人の紹介で、コリアンタウンの病院に行ってきました。
その方もグリーンカードを申請した時にそこの病院で健康診断を受けたそうで。

ちなみにそこの値段は1人$120でした。かなり安い方だったと思います。
色々な方のブログを見ていると、やはり$200以上が平均的な相場のよう。

ラッキーだったなーと思います。

コリアンタウンは安い病院が多いのかも?!個人的な見解ですが。なんか何となく安そう。チャイナタウンとか。

昔受けた注射は免除?みたいな記事を見たことあったような気がしますが、
全く記憶が無ければ受けた記録もないので結局全部やりました。

あー超痛かった。注射っていくつになっても苦手。

が、全て受けてもそのままの値段$120。安すぎ!これ、大丈夫なのか?!と思いましたが
私の知人も私たちも問題なくグリーンカードを取得できているので、まぁ大丈夫なのでしょう。
なんか手続き中って何もかもが不安になる。笑

他の方たちは、注射の本数に寄って追加料金を取られたという人が多いようなので。
私の行った病院は良心的だったんですねぇ。

注射を打ってくれたナース?の方も、かなりフレンドリーで仕事早い!
ササッと注射が終わりました。

人によってはあれ?ここでもないあそこでもないと
血管探しにたくさんブスブス刺される時あるじゃないですか、注射って。
あれが嫌なんですよねー。私がデブだから血管が見つからんのかい。脂肪が厚すぎて。

でもここの方は慣れているのか、すぐに終わって助かりました。

I-693の用紙は、PDFファイルでダウンロードできますが恐らく必要ないでしょう。
病院側が用意してくれます。私の場合はそうでした。

ご丁寧に夫の分と2部持って行きましたが、インクと紙の無駄遣いに終わりました。


さてこの健康診断、受けて結果が出るのが2日後だそうなので
また2日後以降に戻ってくることになると思います。

それで問題なければ、OK!!(あっちゃ困る)

封筒に入ったままの書類を渡されるので、封をしたままで!
絶対に開けてはいけません。

同じことを病院でも言われると思いますが。
封をしたままの状態でAOSパッケージに入れてくださいね。

私は結果が気になりましたが問題無いですよ、とのこと。
しかも、結果のコピー(移民局に送るものと全く同じもの)をくれたので
自分の目でも見ることができて良かったです。見たところでよくわからなかったけれども。

この健康診断に行くと、私グリーンカード申請するんだ。
という実感が何となく湧いてきますね。