アメリカで出産し、やはりよく言われるのは、「Babyちゃんはバイリンガルでしょ?」ってことですね。
もちろん日本で生まれ、日本人家庭の中で暮らしている子に比べたら、バイリンガルになる確率は極めて高いです。

でも、みんながみんな大きくなった時に完璧なバイリンガルになれるか?と言ったら、どうやらそうでもないようです。

1cd63545e0423539351aa881c63da991_s

まず、赤ちゃんというのは始めに親の話す言葉を覚えます。
Shellyの場合は、日本語ですね。

なのではじめは日本語を話すのですが、現地の学校に通い始めたら英語を話すようになります。
最初は英語を話せなくても、子供の吸収力というのはとんでもなく優れており、あっという間に英語を話すようになり、やがて英語環境にいる時間が長くなるにつれて英語の方が上達してきます。

アメリカに住んでいるとどうしても子供が日本語を話す相手というのが親のみになってくるのと、言語的に英語の方が簡単なため、結果的に英語の方が楽、ということになります。
日系のお友達ができたとしても、やはり子供同士は楽な英語で会話することになるのでしょうね。
これは私も覚悟しています。

なので、どのくらい日本語をキープできるか、がカギになってきますね。

eb0a6774e55eaad6062eeefdc9784717_s

とにかく、家庭内では日本語!というのを徹底する。

Babyが大きくなった時も、「家では日本語を話すものなんだ」というのが本人の中で定着すれば、違和感なくバイリンガルになれるのかな、と勝手に思っています。

我が家は両親共に日本人なので、バイリンガル教育をやりやすいかな、と思います。が、どうでしょう。私は専門家でも何でもないので結局のところは神のみぞ知る、ですが。

まだまだ言葉を話し出すのは先ですが、最近クーイングが始まったので、こんな記事も書いてみました。どうやら娘はおしゃべりが好きなようで、ご機嫌だと一生懸命お話をしてくれます。可愛いです♪

早くお話できるようになりたいね!