無事に出産を終えたShellyですが、そう、気になるのは…医療費!!ですよね。

アメリカの医療費が目が飛び出るほど高い、というのはもう周知の事実。アメリカは出生地主義なので、アメリカで出産をすれば、赤ちゃんは問答無用でアメリカ国籍が取得できます。

個人的には入国のリスクなども伴うのでお勧めできることではありませんが、日本人でも最近はアメリカで出産を考えてる、なんて人も多いようです。ハワイは近いし日本人が多いので人気。芸能人でも多いですよね。

が!

やっぱり医療費、気になるよね~。

8cefc94c5ee5650a6e3faa8b377b32ff_s

日本の出産費用は、平均50万円程と言われています。もちろん地域や病院によって違いはありますが、大体こんなもんだそうで。

基本的には保険対象外ですので、全て実費。

無痛分娩や帝王切開などの場合はまた費用が変わってきますよね。また、個室か大部屋かで値段も左右されます。
私からしてみたら、大部屋ってかなり信じられないのですが!個室が当たり前のアメリカ、大部屋という概念がありませんでした。が、日本では当たり前なんですねー。他人に気遣ってやだな。日本で産んでたとしても個室にしてたと思います。

そして妊婦健診費用の総額は、これもまたもちろん病院によって異なりますが、平均で10万円ほどになるそうです。日本の医療費にしては、割と高いですね。

fd51d1ad7ab948a0cad7ac1de999cd28_s

ですが、日本という国は優しいので、補助券というものがもらえるようで、それで妊婦健診の一部を負担してくれるようです。なので結局自己負担額は5万円程度になるそうな。

しかも、皆さんご存知の通り健康保険に加入していれば、出産一時金がもらえるので、たとえ出産費用が50万円かかったとしても、42万円の一時金を使えば自己負担額は8万円ということになりますね。
なので、お金の心配はそこまでしなくても大丈夫ということでしょうか。

大体多く見積もって30万円くらいあれば、問題無く出産が可能ということになりますね。

日本は国民皆保険制度で、保険がない人はほぼいません。
なのでこの補助券や出産一時金は、ほぼ全ての妊婦さんが対象です。


ところがどっこい!こちらアメリカは事情が違います。

健康保険自体が高く、保険がない人がびっくりするほど多いのです。しかも、保険内容もそれぞれ違う!安い保険もありますが、カバー率が悪くほぼ実費じゃん…って保険も。

90f47aa9e34746c29628700292b8a9cf_s

結論から言いますと、Shellyの入っている保険というのは素晴らしく良い保険で、これはJohnに感謝しなければいけません。Johnの会社を通じて入っている保険です。なので、保険料をほぼ会社に負担してもらっています。
この保険を自費で入ろうとすると、夫婦二人分で、日本円で月々10万円を越えます。

ありがたや、John…!!!!

結論から言いますと、そのAランクの保険のお陰で、妊婦健診を含め、出産費用は無料でした!!
保険が100%フルカバー♪

b5086e0d1ab250500c8cb3cb495ac290_s


ですが、請求書を見ると保険適用前の金額は恐ろしい。

妊婦健診、合計で9773ドル。日本円で約97万円。(ひと月分の請求書をなくしちゃったらしく見当たらないので、その分を含めると100万円越えてます。)

出産費用、24620ドル。日本円で約250万円。

合計で、約350万円かかったことになります。

た、高ぇ~!!!!!

と思いますよね。いやいやアメリカの医療費はこんなもんですよ。むしろ、もっと掛かっても驚かないくらいです。
帝王切開やなんやかんやで一千万円越えたという話も聞きますし、恐ろしすぎます。

この約350万円が無料、素晴らしきJohnの会社の保険!

be904ec830ac42cebad56a247f648e0a_s

如何でしたでしょうか?

やっぱり数字で見ると高いなーという印象ですね。
会社選びにあたって福利厚生はかなりのチェックポイント。保険のために働く人も多いです。

この医療保険制度、どうにかならないかな~と思いますね!