DV-2019、応募受付が始まっていますね。
前回の記事、皆さんお待ちかねの!DV-2019受付開始!!!詳しい応募方法説明あり。を是非見てみて下さい。詳しい応募方法が載っています。

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

ところで、たまに聞かれるのですが、

DV抽選申込みの際、何が必要なの?ということ。必要書類を早めに揃えたい!

正解は、

何も必要ありません!です。

強いて言うなら、写真が必要です。

今では写真屋さんなんかでもグリーンカード抽選用の写真を撮ってくれるという所がチラホラ日本にもあります。
基本的には、パスポート、ビザ用の写真と言えばOKでしょう。

眼鏡かけてる人、絶対に絶対に外してね。

そして、更に6ヶ月以内に撮った写真でなければいけません。写真の使い回しはできないので残念ですが、申請を代行業者に頼むと思えば安いもんです。

写真はきちんとした所で撮りましょう。

それだけです。

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

あと、これもよく聞かれます。

申請料っていくらかかるの?

だーかーらー!!無料だって!!
お金は、自分で申請する限り一切かかりません。無料です。

ということは、グリーンカードに興味があってこのブログを見て下さっている方、申請しない理由、ありますか?

ちなみに、心の準備ができてないという方も多いでしょう。

あと、申請しようかどうか迷っている…という方、こちらも読んでみて下さい。
グリーンカードに当選したけど、いざとなるとやっぱりやめたい…そんな時は?

ま、一応こういうこともできるんだよってことで。

15fb2d168546dbbb6e53ee83ce75a258_s

そして覚えておいてほしいのですが、基本的にはまず、当たりません。

ShellyとJohnはご存知の通り当選者ですが、Johnの運がバカみたいに良かっただけです。
Shellyは普通の運の持ち主(むしろ運悪い)なので、配偶者として当選者のJohnの恩恵を受けただけで、実際自分自身の申請では3回落ち続けています。Johnと結婚していなかったら恐らく未だに落ち続けていたでしょう。

Johnはありえないことに1回目で見事当選しましたが、やはりこれはJohnの運がバカみたいに良かっただけなのです。
まず、変な期待や準備などせず、当たらないこと前提に申請しましょう。

10年以上落ち続けている人を私は知っていますし、はたまた超身近(むしろ配偶者)に1回目で見事当選してしまった人も知っています。

何が起こるか分からない!グリーンカード抽選!!

ただ、これだけは言えます。

応募をしなきゃ、当たらない。

応募したら、当たる確率、1%ほど。当たらない確率、約99%。

でも、もし応募しなかった場合。当たる確率、0%、当たらない確率、100%。

Johnは、そのたった1%に入りました。奇跡に近いです。

感覚としては宝くじに似てますね!
でも宝くじよりは、確率は高いですよ。

完全無料の抽選応募。やらなきゃ損損!!!