2017年10月3日 12:00~2017年11月7日 12:00(アメリカ東部時間)、ついにDV-2019の受付が開始しました。1ヶ月ちょっとしかないので、早め早めに準備をしましょう。

fcd0bbc1f8758d81859d09a03291f918_s

このブログでうるさく言っている通り、代行業者は必要ありません。
ほんと、超簡単!!自分で間違いなくできますので、全く問題ありませんよ。

まず、エントリーするためのURLはコチラです。
「コチラ」のやたらでっかい文字をクリックしてみて下さいね。すると、このような画面が出ます。

000

応募方法を説明するにあたって画像がこれからじゃんじゃん出てくるのですが、見にくい場合は画像クリックで拡大してみて下さい。

上から、Welcomeの文字となにやら英文がつらつらつらつら、そしてボタンが3つ並んでるのが分かると思います。

2つの青いボタンと3つ目はグリーンのボタンですね。

1つめのボタンをクリックすると、DV-2019の応募方法が載っています。でも、残念ながら英語です笑

しかし、こちらを御覧ください。
このPDFファイルは、日本語で書かれています。一度よく読んでみることをオススメします。ただ、注意するのはこのPDFファイルはDV-2018のものなので気を付けましょう。去年のものです。
なぜ今年は日本語のインストラクションがないのだ。

さて、2つ目のボタン。ここをクリックすると、写真が応募資格を満たしているかというのが確認できます。
是非、チェックしてみましょう。

さて、3つ目のボタン!!
これは、いよいよ、抽選に応募するための入口です!!
3つ目だけグリーンというのもグリーンカードにちなんでなのかもしれません。

さぁ、皆さん準備は良いですか?
119c8603858715db0134a242465f690b_s

…って言うほど難しいことじゃないですが。やはり心の準備がね。

では早速クリックしてみましょう。

時間によっては応募者が混み合い、サーバーエラーになることがあります。
応募開始してすぐ、また応募終了間近になってくるとエラーが多発するので万が一エラーになってしまった場合は数時間経ってからもう一度挑戦してみましょう。

さて、クリックするとこの画面が出てきます。
ズバリ!解説をつけた画像をざーっと貼っていきます。

001
002
003
004
005

どうだーーっっ!!!

ね、簡単でしょう?

念のため、スペルミスなどないように。名前は、パスポートと同じスペルであるかしっかり確認して下さい。

さて、画像を見て頂くと分かると思いますが、画像内の解説に(赤い星)と(青い星)があったと思います。それを今から解説します。
ですが、これは出生国についてです。
あーよかった。DV-2019、開催決定しました!にも明記しましたが、出生国が対象外の国がいくつかあります。

もちろんその対象外の国で生まれた方は原則応募は不可能です。
ですが、もしも両親のどちらかが対象国生まれ、または配偶者が対象国生まれの場合は応募が可能になるのです!!

その場合、この6番を"No"にチェック、そしてその親の出生国または配偶者の出生国を選びます。
「私の出生国は対象外だけど、この国を使って応募するよ」ということです。

なので仮にあなたがフィリピン生まれ、配偶者が日本生まれの場合、5番ではフィリピンを選び、6番で日本を選びます。

そしてそして、は、学歴についてです。
DVプログラムへの応募資格としては、高卒以上が原則です。
普通に日本の教育を受けていれば高校進学をしている人が殆どだとは思いますが、何らかの理由で中退している方も少なくないかと思います。その場合等は注意が必要です。

分かりやすいように画像内で水色のラインを引きました。水色のラインより下にチェックを入れた方は問題無く応募が可能、となります。

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s

如何でしたでしょうか?

以上のことに気を付けていれば、間違いなく自分の力で応募できます。

分からないことがあれば、是非お気軽にコメント下さい。私のできる範囲でお力になります。
このブログは、コメント返信率100%です!

1人でも多くの方が夢のグリーンカードを手に入れられますように。