さて、以前から騒がれていた「DV抽選プログラムの廃止」。
何だかんだ毎年やっていたのですが、トランプ大統領になってから初めてのDVプログラム。もしかしたら…もしかするかも!?と思っていましたが、例年通り無事に開催が決定したようです。

0194304e795dec1c619755794a6285cb_s

とりあえず一安心。あ、もちろん、自分で応募できますからね!!!!
応募はミラクル簡単。きちんとインストラクションを読んで気を付けて記入すれば、問題無く応募が可能です。

ちなみにですが、残念ながら応募資格のない出生国は以下の通り。

バングラデシュ
ブラジル
カナダ
中国(本土生まれ)
コロンビア
ドミニカ共和国
エルサルバドル
ハイチ
インド
ジャマイカ
メキシコ
ナイジェリア
パキスタン
ペルー
フィリピン
韓国
イギリス(北アイルランドを除く)とその領土
ベトナム

です。つまり、日本生まれの方は今年ももちろん応募可能!良かったです♪
LAに住んでいると結構日本の移民も増えてきたなーと感じるのですが、こう見ると少数派なんでしょうかね。やっぱり。移民をなるべく均等にするためのプログラムなので。

dc1520646265af51f1f42e7996e366a0_s

さて応募期間ですが、例年通り10月からです。

ズバリ、2017年10月3日 12:00~2017年11月7日 12:00(アメリカ東部時間)
が、応募可能期間です。

1ヶ月もある♪と思っているとあっという間に締め切りは過ぎてしまいますし、ラスト一週間は皆こぞって応募をしまくるので、早めに準備をしておくのがベストです。ShellyとJohnも、応募した時は開始して3日後くらいに応募しました。

応募方法はとても簡単ですが、こちらのブログでも紹介する予定です。他経由でのグリーンカード申請中の方でも応募は可能です。是非チャレンジしてみて下さいね!

いや…当たらないし、どうせ。
グリーンカード当たって移住なんて、都市伝説でしょ?

いいえ!当たりますよ!

ソースは、この私。
当たっちゃった人が、ここにいます!!!
ついでに言うと、他にも当たった人何人か知ってます。マジです。

b0b48d32b7a3013fe8c67f1d02765f32_s

全セルフ応募&当選後の申請を推奨しているこのブログですが、写真はちゃんとした所に撮ってもらった方が良いです。

応募の際に写真も添付するのですが、その写真の規定がなかなか厳しいです。

まずメガネの着用禁止。
これはまぁでも分かりそうなもんです。

あと、昨年使用した写真の使用禁止。
個人的に、えー、移民局、「昨年使用した写真」をいちいち調べるか…?笑とも思いますが、まぁ禁止と書いてあるので写真の使い回しは避けましょう。コンピュータで照合できちゃうのかもしれませんしね。

更に、加工された写真禁止。
写真加工って、アプリかよ!とツッコみたくなりますね。加工はありえないでしょ~。ホクロやシミを消したり目を大きくしたり?笑
若い子はやっちゃうんでしょうか。

加工禁止と言えども、撮影後の写真のサイズ変更等はもちろんOKです。ただ、なかなか素人には難しいんですよね。

なので、業者に撮ってもらった方が安心だと思いますよ。
私たちは近所にあった中国系の写真屋さんに多分$15くらい払ってお願いしたかな?と思います。あまり記憶に定かではありませんが。

さぁ、DV-2019こそ当選を夢見て!
私で良ければ分かる範囲で力になりますので、いつでもコメント下さいね。
コメント返信率100%です!