DV-2018当選者の方、おめでとうございます!!

年々日本人当選者が少なくなっているような気がするDV抽選プログラム。さて一体今年は、どうだったのでしょうか?

PP_yamashitahana500-750x372

DV-2017の当選者はどのくらいだったの?の記事でも書きましたが、全世界の当選者は、DV-2017の時は83910人
そしてDV-2016は91563人、DV-2015は125514人

年々減少傾向にありますね。

気になるDV-2018はというと、全世界の当選者は115968人
あれ?増えてる!笑

2015、2016、2017と少なくなっていた当選者数ですが、何を思ったかここで増加しています。
いいんだか悪いんだか。…というのは、5万人という枠は毎年同じなので、当選者数が増えた=グリーンカードを手にする人数が増えたではないのです。
むしろ、当選者数が増えたということは手にする確率は減る…というありがた迷惑な話というか。

ぬか喜びする人数が増えるということですよね。

しかも手続きを進めるのは早い者勝ちではなく、決められた番号順。「いち早く当選に気付いたので、すぐさま手続きに取り掛かって絶対にグリーンカードを手にしよう!」という気合いは無駄です…トホホ。

先に気付こうが後に気付こうが、番号順なのであなたの番号が遅かった場合、ドキドキしながら手続き開始を待つことになります。
詳しくは、ドキドキの抽選結果!を御覧ください。ケースナンバーが鍵となってきます。

gatag-00006713

さて、気になるDV-2018の日本人当選者はズバリ!
263人です!

DV-2017は204人なので、若干増えていますね。ちなみにDV-2016では302人、DV-2015は636人です。
こう見ると、DV-2015、多すぎでしょう!

ただ、DV-2015は異例のケースナンバー7650番で終わってしまったので、アジア枠当選者20002人に対して半分以上手続きすらできなかった人がいるのです。

当たってもグリーンカードもらえないとか、どんだけ~!!!

263人全ての日本人当選者が、グリーンカードを手にすることができますように。
皆さんしっかり準備しましょうね。