ここLAは、人種のるつぼ。なので、それぞれの国のコミュニティがあるんです。

リトル東京はもちろん、コリアタウンやチャイナタウン、タイタウンやリトルインディアなど。
他にも探せば色々ありそう! 

そんな中でも今まで食べたことのなかったジャンル。 エチオピア料理のレポートです。 

リトルエチオピアは、ダウンタウンとビバリーヒルズの中間くらいに位置しています。 

IMG_5180

エチオピア料理と言われてもピンと来ない方が多いのではないでしょうか。私もその中の1人。

この日はたまたま近くに来たのでリトルエチオピアをたまたま発見して行ってみることにしたんです。
右も左も分からないShellyとJohn。とりあえず定番のyelpでお店を検索。

そしてあるビーガンレストランが人気が高いようで、そこに行ってみることに♪

ビーガンレストランということは肉や魚は一切ナシ。ベジタリアンではないですが、せっかくだからたまには良いかなと。ヘルシーだしね!

思ってみればビーガンレストラン自体も初体験だったりします。

さて、ここです。

IMG_5198

書いてある通り、ランチタイムはAll You Can Eatです♪All You Can Eatとは、読んで字のごとく食べ放題という意味。

ビーガンレストランでの食べ放題だから、罪悪感はナーシ!

IMG_5196

中に入ると、このようなものが一列にずらりと並んでいました。

IMG_5184

これは何ですか?と優しいエチオピア人の店員さんに聞いてみると、これはエチオピアンスタイルの食卓だそう。
椅子に挟まれているこの傘?みたいなものは、蓋を外すとテーブルになるんです。

面白い!

ちなみに個室もありました。笑

IMG_5195

もちろん店内には普通のテーブルもありましたが、せっかくだし伝統的なこのスタイルのテーブルで食事をすることに。

が…

慣れないのでちょっと食べづらいです。笑

というわけで、 結局普通のテーブルに移動することに。

IMG_5193
 
奥にはこんな感じで普通のテーブルがたくさんあるのでご安心を。 

上の写真、天井から吊り下がる傘が見えますか?とても可愛いと思いました。

エチオピアのアーティストでしょうか?歌が流れていました。字幕はあるが何が書いてあるかは分からない。

IMG_5191

ランチビュッフェはこんな感じで用意してあります。

IMG_5189


何しろエチオピア料理に関しては全くの素人ですので、とりあえず手当たり次第取ってみます。

写真の角度がおかしくなってしまいましたがサラダのコーナー。
ドレッシングすらも不思議な味。

IMG_5181

やはり基本的に多かったのが豆料理。
大豆とかって体に良いんですよね。
 
IMG_5185
 
見たことのないものばかりでとりあえず取ってみる。

この下の写真の真ん中のは恐らく茄子のおかずだったのですが、これが美味しかったです。

IMG_5187

ご飯もありましたが、白米ではなくブラウンライス。このレストラン、本当健康に良さそうです。
 
IMG_5192
 
そして私たちのテーブルはこうなりました。

IMG_5188
 
美味しそうでしょ!?

手前に見える渦巻きの物体は、エチオピアのパンのようです。このパンにおかずを載せたりして食べるそう。 
このパン、正直あまり…好きではなかったかも。 固そうに見えますがこれ柔らかいんですよ。

ですが、水っぽすぎるというか…その割にパサパサしていて、 何とも言えない。主食ならブラウンライスの方がオススメです。

レストランの感想としては、
美味しかったです♪

まぁ言ってしまえばもちろん日本食の方が好きです。
それはそうなのですが、日本食は食べ慣れすぎていて。

たまには違う種類の料理も体験するのって良いな、と思いました。

エチオピア料理は初めてですしもちろんここが美味しかったかどうかは本場のエチオピア人の方に聞いてみないと分かりません。

でも、確実に日本人が行っても楽しめるお店!

で、ちなみに今回このブログを書いていて気付いたんですが、日本食って食べ慣れている分他の料理に比べて舌が肥えていますよね。なので、美味しくなかった時なんかはとてもがっかりして悲しい気分になります。これなら自分で作った方が良かった…なんて思うことも。

でも、今回のような自分たちにとって珍しい料理だと、まず基本的に美味しい、美味しくないの基準が分からない。
それ故に、仮に「美味しくない」と思ったとしても、頭のなかで「口に合わなかったんだ」と結論づけているような気がします。

初めてということは知識ゼロからのスタートですので、口に合うかも分からない。口に合ったというだけで「美味しかった」と結論づけているのだと思います。

それに、自分で作ることは当然ながらできません。まず、日本人夫婦の私たちはわざわざレシピを検索してまでもエチオピア料理を家で作ろうとは思わないです。

更に日本食だと、作ったことがなくてもこれをこうしたら良いのかな、って何となく想像ができたりしますが、今回食べた料理のレシピが全くもって想像がつかない。なので「自分で作った方が良かった」
と思うこともないですし、今回はエチオピア料理でしたがここのレストランに行くこと自体がアドベンチャーですので、味はともかく食べたことないものを食べるのって面白い!と思えるんですね。

なので、何が言いたいかというとこういった珍しい料理を食べに行くと、お金を払って勿体なかったと
思うことって少ないんじゃないかな?
と思いました。
クリーンな店内で楽しいお手軽寿司。しかし肝心のお味は…の記事で書いたようなレストランだとやっぱりお金が無駄だった、と思ってしまいますもんね。

でもこんなレストランでもyelpでの評価は高め。

つまり、日本人以外のお客さんは大満足しているということです。

そういった意味では、外食で珍しい料理に挑戦するのは楽しいなと思うようになりました。
次回はどんな料理に挑戦しようかな♪

でもやっぱり日本食レストランに行ってしまうんでしょうね。笑


Rahel Ethiopian Vegan Cuisine
1047 S Fairfax Ave
Los Angeles, CA 90019