完全車社会のアメリカ。特にロサンゼルスはそうですよね。

でも、留学生や観光客等で、車を買う&レンタルする余裕がない!それに、運転怖い!!!!!
という人は多いかもしれません。 

車は、もちろんあるに越したことはないです。
ですが、住むところにもよりますが
意外と大丈夫だったりします。
最近は、少しずつメトロ(電車)が発達してきているんですよ。 

no title

公共交通機関は、電車とバスがありますが、バスはとりあえず割愛して、電車の路線図を貼ります。

どん!

見にくいと思うので、画像クリックで拡大して下さい。


rail_map-001

 こう見ると、ダウンタウンのユニオンステーションを中心に四方八方に路線が伸びています。

路線は色分けされていて、

●レッドライン
ハリウッドやユニバーサルスタジオ方面。観光客で賑わう電車なので、治安は割と良いようです。 
ちなみにこのレッドラインとパープルラインは、地下鉄です。


●パープルライン
個人的に結構謎なパープルライン。短いし。これはコリアタウン方面のようですね。
一度も乗ったことがないです。工事中で、将来はもっと長くなる模様。(多分)


●ブルーライン
ダウンタウンからロングビーチ方面にまっすぐ伸びる路線。途中ちょこちょこスラム街っぽいとこを通りますが、基本的には大丈夫でしょう。
心配な人はあんまり遅くに乗らない方が良いかもしれませんね。


●グリーンライン
ダウンタウンを通らないグリーンライン。LAX(ロサンゼルス国際空港)につながる105 Freewayに沿って運行しています。
車体は他のよりも少し小さめ。Aviation/LAX駅からLAX行きの無料シャトルバスがあります。


●ゴールドライン
イーストLAからダウンタウン経由でパサデナ方面に向かう路線。Little Tokyoも通ります。
2017年現在、更にAzusa方面にも路線が伸びました。


●エキスポライン
2017年現在、つい最近工事が終わってサンタモニカまで繋がる路線。観光に便利になりました。
何故かこれだけ色の名前ではないです。元々アクアラインという名前になる予定だったそうですが。


このように、電車だけ見てもかなり色々行けそうですよね。
ダウンタウン近くに住む人は、治安は微妙かもしれませんがこういった面では便利でしょう。 

バスを何故割愛したかというと、バスこそ信用ならんからです。

バスは時刻表があってないようなもの…それに最悪来ない時もあり。。。

一応、上記に挙げた電車は、遅れたりはしないでしょう。ほぼ。

ですが、日本のような一分一秒も遅れないという時間ぴったりの電車を想像するのはやめましょう。アメリカらしく、ゆったり運行です。

それに、車社会なのでそもそも電車に乗る人が少なく、あの東京の通勤ラッシュ時のような人が溢れんばかりの満員電車はまずありません。その点は、良いですね。

PAK42_syachikunoannei1323_TP_V

また、あくまでも上記のメトロはロサンゼルスカウンティのメトロで、オレンジカウンティ方面にも、
ダウンタウンとオレンジカウンティを繋ぐオレンジカウンティラインも存在します。

オレンジカウンティって何ぞや?と思う人、まぁ東京に隣接する千葉みたいなものです。

思ってみればディズニーランドがあるアナハイムもオレンジカウンティだし、本当千葉みたいです。

結論としては、メトロのみで割と生きていけますし、住むのではなく観光なら、もっと大丈夫でしょう。観光地は結構メトロが網羅しています。

そしてちょこちょこUberを使えば、完璧。Uberって超便利。どんどん使って!の記事参照。

そして、
留学生の皆さん!!!
これは声を大にして言いたいのですが、

車を持たない場合、車を持っている友達の厚意にお世話になることも多いと思います。

そして、ガソリン代も払わずに当然の顔をして乗っている人、意外と多いです!

日本で車に乗っていた人は分かると思いますが、車を持ったことがない人はピンと来ないと思います。
それは仕方ないのですが、覚えておいてほしいこと。
車は、タダで走っているわけではないということです。

ガソリン代をはじめ、メンテナンス、保険料、レジストレーション費…洗車だって大変。

運転だって、人の命を乗せているわけです。楽ではありません。

もし友達の車でどこかに遊びに行くことになった場合、丁寧にお礼をしましょう。ガソリン代、駐車場代、払うと申し出ましょう。

もしかしたら中には、いらないよ、と言ってくれる優しい人もいるかもしれません。そしたら、ドリンクを買ったりランチを奢るなど、気遣いを見せましょうね。

友達はタクシーではありません。

私がそうされた経験があり、イライラしたことがあるので書きました。

この気遣いは、アメリカでも日本でも言えることですがね。