日本もかなりグローバル化が進み、英語が話せる人は一昔前に比べてかなり増えています。
都心では外国人居住者が今ではかなり多く、触れ合う機会もたくさん。
外国人と友達になりたい!なんて人も今では簡単に出会えるようになりましたよね。 

アプリもあれば、そういったイベントもあり。

そうなってくると、英会話も少しずつ必要になってきていますね。
今は英会話スクールに通わなくともアプリで英会話の勉強や、オンラインレッスンなんかも豊富。

島国で、日本語だけで一生を終えることが可能な日本ですが、
今では英語を始めとした外国語がかなり身近に感じられるようになりました。 

c730c97b8d7e7a0818e0918f37238eaa


芸能人なんかでも、帰国子女やハーフも多く、外国語が話せる人ばかりですね!

そこで、最近YouTubeで見つけました。
「芸能人◯◯の英語力」
みたいな動画集。 

あえてここにはリンクを貼りませんが、英語に興味がある人は一度は見たことがあるのでは?という動画集。芸能人が英語を話している場面のみ切り取ってある動画です。

みなさん意外にも話せる人が多いです。

ですが、

私がはっきり言って不快に感じたのがそこのコメント欄! 

「この程度の英語なんて恥ずかしい」
「中学生レベルだ」
「発音ヤバイ」

等、まぁー言いたい放題です。

私に言わせれば、おいおいちょっと待てと。
さすが日本人だなーと思うんですよね。

教科書で文法を詰め込まれ、受験のためだけの英語教育を受けてきた日本人の特徴ですよね。

文法めちゃくちゃ、発音めちゃくちゃの英語は恥ずかしいと思っている人が非常に多いです。


我々日本人も、母国語の日本語、どれだけきちんと話せますか?
綺麗な日本語を話せる人、どれだけいますか?

結局、通じるか通じないかだと思うんです。

つまり、「This is a pen」から始まる日本の英語教育ですが、「What is this?」という問いかけに対して「This is a pen」でなければならないわけです。
ですが実際、「Pen」だけでも通じるんですよね。「This pen」でも良いんです。

私達だって、「これ何?」「ペン」ですよね。見りゃ分かるというツッコミは無しで。
「これは何ですか?」「これは、ペンです」なんて言う人は少ないでしょう。

要は、そういうことです。こっちに住んでいる人、文法めちゃくちゃでも通じてます。
思いっきりジャパニーズアクセントでも大体通じてます。
あ、もちろんたまにいますよ。「え?何言ってんの?」みたいな顔される時。
ま、そういう時はこっちの発音が悪い時ですね。笑

でも、ここで日本人の特徴
「やっぱり…私の英語は下手だから通じなかった…」と自信喪失。

ちょっと待って!違いまーす!!!

よく考えてみて下さい、向こうはネイティブ、こっちは外国人。
英語を母国語にする人が、ちょっとやそっとのアクセントも聞き取れなくてどうする!?

むしろ逆で考えてみましょう。
日本在住の外国人、アクセント完璧ですか?なかなかいませんよね?
それでも私たちは聞き取れます。日本語ネイティブだからです。
1度で聞き取れなくても、頑張って聞き取ろうとしますよね。

それと一緒。こっちでも、一部の冷たい人を除いて頑張って聞き取ろうとしてくれます。
もしどうしても聞き取ってもらえない場合、アルファベットのスペルを言うといいですよ。
p-e-nって感じで。そうすれば「あ~!Penね!」って分かってもらえますよ。

_MG_3027-thumb-690x320


何が言いたいかというと、
タイトルにある通り、日本人って語学に関して自分や他人に厳しすぎます。

こちらで知り合ったアメリカ人等、日本語話せるって人多いですよ笑
「スシ、スキヤーキ、テンプーラ」なんてそんなもんです。

日本人は、意外にも話せる人多いんですよ。
海外旅行だって、行っている人多いでしょう?

ネット上で他人の語学を評価している人とか、あなたはどうなの?って思います。
めちゃくちゃな英語だとか…めちゃくちゃな英語でもアメリカに住むことは可能ですよ。

実際ShellyとJohnがそうです。笑

もうちょっとだけ語学に対して評価、甘くしてみませんか。
めちゃくちゃな文法、大学受験に通用しなくても、実際アメリカでは通用します。

もうちょっとだけ、自信、持ちましょうよ。