ビュッフェスタイルのレストラン、皆さん好きですか?
好きなものを好きなだけ食べられるビュッフェレストラン、楽しいですよね。

ですが。私は決めています。
ビュッフェレストラン、二度と行かない。 (特に和洋中入ったやつ)

こうやって書いているのも、何を隠そう、牡蠣にあたったからです。 
しかも、2回目!!!!!!!

gatag-00005084
 
先日、他州から親戚がロサンゼルスに遊びに来たのでJohnも連れてみんなで食事に。
もちろん私たちにレストランのチョイスは任されました。

ただ小さい子供も3人いるということで、さてどこに連れて行ってあげようか…と迷った挙句、
何を思ったかシーフードビュッフェに決定。ビュッフェならば何かしら好きなのはあるだろう、と思ったので…。
だがこれが間違いの始まり。


いや、今までで何度もビュッフェには行ったことがありましたよ。でも、やっぱり後悔するんです。帰るときに。
一体なぜかって?

ズバリ、美味しくないからだ!!!
 
なのに…今回ばかりはたまには行ってみようと足を運んでみました。本当バカだった。

 
ちなみにこの日向かったのは、グレンデールにあるVegasシーフードビュッフェ。ロサンゼルスにあるのにVegasという名前。
ここはとても人気で、特に週末はかなりのお客さんで賑わいます。なんとこの日も90分待ちでした。

90分って。1時間半だよ。それを素直に待つと言ってしまったTHE★日本人の私。

それも悪夢の序章に過ぎなかったのですよ。。。

90分後に戻り、無事に席にも案内され、食事を取りに席を立つのですが…

とにかくやはり美味しくない。
かと言って不味くはないですよ。充分食べられます。

ですが…美味しくないんです。そう、美味しくないっていう表現が一番当てはまる。
 
所詮、ビュッフェのクオリティですよね。
やはりこんなもんか…と少し残念な気持ちになりつつも食事を楽しみ、久しぶりに再会した親戚とも会話に花が咲きます。
子どもたちはクオリティ云々よりも好きなものをお腹いっぱい食べられたので楽しそうでした。
ま、それは良かったかな。

お寿司にチキンナゲット、ピザに餃子といった妙な組み合わせも楽しめてしまうのがビュッフェでの醍醐味ですよね。まさに「好きなものを好きなだけ」です。

でもねー…

お寿司も新鮮味はゼロ。「本日のおすすめ」とか言って1人2カン、ウニ軍艦が頼めたのですが。
ウニって、茶色かったっけ…?

ウニってこれですよね?

menu19

あぁ美味しそう。

いや、もちろんここまで素晴らしいものはビュッフェで期待していませんでしたけどね。
でもね、ウニって黄色っていうかオレンジっていうか…こういうプリプリした感じですよね。

でも、出てきたのは茶色のちっこいウニ…

なんじゃこれは。と唖然。恐る恐る食べてみたら味はまぁウニでしたけどね。
いやもしかしたらプリンに醤油かけたほうが美味しいんじゃないかとは思いましたけどね。
プリンに醤油ってウニの味に似るそうですよ。やってみようかな。

気を取り直して、お寿司のあとはおかずを取りに行きました。
おかずも色々ありましたね。中華、イタリアン、鉄板焼きなんかも。

それで牡蠣ですよ。

牡蠣を食べてしまったのです。調子に乗って。


それが、地獄への入り口。

牡蠣を2個程食べたのですが、それが見事に大当たり…してしまいました。

帰ってすぐには症状が出ないんですね。あれ。
 
寝ている間にお腹の異変に気付き、夜中にトイレに閉じこもり。嘔吐こそしなかったもののトイレからは一歩も出られない状態に…。
牡蠣、何て恐ろしい食べ物なんでしょう。

ちなみにJohnは、今回は大丈夫だったようです。でも前回(かなり前)に同じく牡蠣で大当たりしてしまった経験アリ。
牡蠣、怖すぎる。 

天気も悪く湿気があったので、それも関係しているのか…雑菌が繁殖しやすい環境だった、とか。

わかりません。

っていうか。

ビュッフェって、よくよく考えてみたらあまり得しているわけではないんですよね。

色んなものが食べ放題なんて、超お得!とか思うじゃないですか。
でも実際は味も良くないし、値段も、例えばこのVegasは$21.99。一瞬これで食べ放題なら安い!と思ってしまいそうになるのですが、

落ち着いて考えてみたら、$21.99あれば普通に美味しい定食屋さんに行けるわけです。
しかも食べ放題じゃなくたって満腹になります。
アメリカは特に日本に比べてサイズも大きいしご飯の量も多い。

お腹も満足、心も満足というわけです。 
 
一方ビュッフェは。
まずお寿司がひどい。だったら少しお金を出して良いお寿司さんに行った方が…と思ってきた私は、歳を取ってきたということでしょうか。

とにかくとても残念。

 
まだね、お寿司のみ食べ放題とか、焼肉食べ放題とか、それだけのジャンルに特化しているのはOK!
だと思います。

あくまでもビュッフェスタイルのレストラン。

結局高いお金を払ってあんまりHappyな気持ちになれないので、もう二度と行きません。

…と前回どこかのビュッフェに行った時もこう決めたのですが、
今回まんまと行ってしまったので覚書です。


ただ、今まで行った中でここは良かった!というのが、
Makinoビュッフェ。
 アーバインにあります。最近はCity of Industryにもできたらしいです。
ここは美味しかったです。 やはり日本人オーナーだからか…?わかりませんが、美味しかった。

お寿司もこの通り。(写真はラスベガスにあるMakinoビュッフェで撮ったものです)

DSCN0474

手巻き寿司も作ることができました。
自分で具を選びました。これは、サーモンとネギトロ。

DSCN0478


更にはデザートコーナーも可愛く並んでおり、重要な清潔感もあり!

DSCN0475

開店とほぼ同時に行ったというのもありましたが、
ビュッフェレストランによくありがちな汚らしさはありませんでした。

DSCN0476

ここは私が思うに日本食に特化しているから好きだったのかも、と思います。
要するに、和食も、中華も、アメリカンも、イタリアンも…と色々なスタイルが入ったタイプのビュッフェは、どれもこれも中途半端になってしまうのかな。

私は、もう二度とビュッフェには行きません!!!!!
絶対に、行きません!!

これからも美味しいレストランを探す旅に出かけますので、絶対にビュッフェには行かない!(Makinoは除く)
ビュッフェが定番のラスベガスに行っても、絶対にビュッフェには行かない!(Makinoは除く)

意味不明な記事を書いてしまってすみません。
今後ビュッフェに行きたいという気持ちに少しでもなったらこの記事を見るよう、覚書です。

皆さんも、ビュッフェはほどほどに…。