どんどんグローバル化が進む日本。
日本在住、正粋日本人の皆さんの中で、
子供に英語を話せるようになって欲しい!
という方、たくさんいます。 

そこで、お子さんに高いお金をかけて
インターナショナルスクールに通わせたい!と思う親がたくさんいるようです。

そもそも、インターナショナルスクールとは何でしょうか。

03Lisdc

元々インターナショナルスクールとは、
日本在住の外国籍の子供のための教育施設として設立、そして発展してきたそうです。
学校教育法に定める学校ではなく、各種学校に分類されています。
ですが、最近は教育の国際化、多様化により日本人が入学できるインターナショナルスクールも増えてきているようです。

ただ、日本の学校教育法に定める学校ではないということは、義務教育だとみなされないのです。

要するに、小学校、中学校を卒業したことにならない!?
なので、インターナショナルスクールに入学した生徒は幼稚園から高校までずっとインター、その後は海外の大学へ進学というコースが主です。
日本の大学を受験しようと思ったら「高卒認定試験」(つまり大検)を受けなければいけなかったりするのです。インターから日本の学校に入学するのは、かなり大変なようです。

そういった面だけでなく、インターナショナルスクールというのは欧米スタイルの教育、つまり「ひとりひとりの個性を伸ばす」教育をします。私はこれは良いことだと思いますが、日本の「みんな一緒」のような教育とは異なります。
インターでは物をはっきり言う、自分の意見をしっかり言って先生に褒められていた子が日本の学校では疎まれたりします。

なので、インターナショナルスクールに入学するなら生涯インター、将来的にも海外の大学へ進学、を視野に入れる覚悟をする必要があるでしょう。

そうです、お金超かかる。
インターナショナルスクールの学費って、超高い。

なので、芸能人や医者の子供など高給取りばかりがインターナショナルスクールに通っているのです。

何でも、年間200万円だとか何とか…
おいおい、小学校で?高すぎ…
 
でもこの学費を見て高すぎ、と思わない方は、インターナショナルスクール良いかもしれません。
基本的に授業はアメリカの学校のように全部英語。
子供が絶対に英語を話せるようになりますからね。むしろ、日本語が怪しくなるかも。

ただ、親も英語を話せないと困ります。学校からの連絡等、全て英語のようです。
子供に通訳を頼もうと言いたいところですが、小さいうちはそうも言ってられないですよね。


私の意見としては、(あくまでも私の意見)
日本人の両親の元に生まれ、日本で生涯を終える一般家庭の子供は、
英語を学びたいというだけの理由でインターナショナルスクールに入学するのはどうだろう?と思います。 

もちろん、将来的に海外へ行かせたいのであれば別です。
私は海外へ行かせるの大賛成派なので、 
そういうケースはインターナショナルスクールで英語を身につけるのはとても良いことでしょう。


高校留学とかそういう選択肢もありますが、
インターナショナルスクールに小さいうちから通っていれば
欧米の感覚が身についていると思うので、順応しやすいでしょうね。

なので、お金がたっぷりある家庭、または外国人の親(どちらかでも)を持つ子供、将来的にも海外の大学へ進学させたい、強いて言うなら働かせたいのであればインターナショナルスクール良いと思います。

言ってしまえばとりあえずお金有り余ってるならいいんじゃないでしょうか。笑


でも、もしも。もしも
アメリカに住んでいたら…?

無料でアメリカの公立学校へ行かせられます。もちろん英語を話せるようになる!
さらに、家では日本語を話し、日本語も話せるようになります。

あれ?無料インターナショナルスクール!?

アメリカに住んでいる子どもたちは、2ヶ国語、3ヶ国語平気で話します。
さすが移民の国ですよね。

インターナショナルスクールもいいけど…費用を考えたら海外移住の方が安上がり!?

でも、ビザの問題がありますよね。
グリーンカード抽選で当たったら…
それも可能。

グリーンカード抽選応募は10月です。申し込みだけでもしてみて下さいね!