こういった留学中の悩み、多いですよね。

英語を勉強したいのに、
日本人の友達しかできないんです。 

私の英語って、やっぱりダメなのかも…

英語を勉強したいのに、日本人の友達しかできない。
英語を話したいから、NO日本人!…ん?で書いたような強気な人もいれば、
こんな悩みを1人で抱えながら留学生活を送っている人もいます。

ちょっと待って、でもそれって、
本当にあなたの英語力の問題なのでしょうか? 

私は、そうではないと思っています。 
「友達」ってそもそも何なんでしょう。「友達」って、そもそもどうやって作るんでしょう?


gahag-0037263251-1



「友達になろうよ」って言って友達になるのって、小学校に入る頃までですよね。
それ以降は、何となく気が合う者同士が集まって、いつの間にかっていうパターンが多いんだと思います。
この何となく気が合う者同士が集まってってのがポイントだと思います。

アメリカ人の友達、
気が合いますか?

中には合う人もいるでしょう。でも、なかなか文化の違いというのは思ったより大きいです。
見た目も違えば育ってきた環境も違う。
それに比べたら日本人は、見た目も似ているし、育ってきた環境も日本で同じ。
それに、留学生という共通点。

日本人同士が、仲良くならないわけがないです。

割と留学生同士だと、日本で出会ったとしても友達にはなっていないだろう、という全然違うタイプの人同士でも仲良くなったりします。ギャル系とオタク系とか。こんな組み合わせも普通にあります。
それだけ日本人留学生という共通点は、大きいのです。

人間の心理というものはそうなっているんです。


例えば、アメリカ生まれの日系アメリカ人の子供たち。
もちろん英語はペラペラですよね。こっち生まれですから。

それでも、気付いたら仲良くなるのは日系アメリカ人同士だったりします。
もしくは、中国系や韓国系といったアジア系アメリカ人の友達。見た目や文化が似ているから。

中には日本人の両親を持って、日本語を話せる子も多いでしょう。
ですが、もちろん日系アメリカ人同士、日本語を話すわけではありません。お互い英語が楽だから。

つまり、

英語が話せないからアメリカ人の友達ができないというのは、
根本的に間違っているのです。


あなたが日本人だから、日本人の友達ができるのは当然のことなのです。
周りの中国人や韓国人を見てご覧なさい。みんなそれぞれ、自国のコミュニティに浸かって生活しています。中国人は中国人同士、韓国人は韓国人同士で遊びに行っています。

ね。普通でしょう?

私の知り合いで、中学生の頃からアメリカに来て今では英語力が全く問題がない人がいます。
その人も、日本人またはアジア人の友達ばかりなのです。
学校でもそうだったと言っていました。グループができるんだと。

日本でもそうですよね。仲良い子同士のグループ。

ギャル系グループ、部活命系グループ、ガリ勉グループ、オタク系グループ…
どこも一緒。似た者同士が集まるんです。

見た目が似ているアジア人同士が固まるのは、ごく自然なこと。
更には英語が不自由な場合、日本人だけで固まるのはごくごく自然なことです。


私も一時期、学生時代どういうわけかアメリカングループに入っていた時代がありました。
白人の女の子4人に黒人の子2人、そして私、という何とも意味不明な感じでした。
原因としては一時期通っていた学校が少人数制で、たまたまそのセメスターの女子がこれだけだったから。(アメリカ人がいるので、語学学校ではないです)

みんないい子でしたが、なんだか、なんだか楽しくないんです。

今思えば、当時は環境に満足していたな、とも思います。
私もはじめは留学生の身。英語を話す機会が欲しいと思うのは皆さんと一緒です。

パーティをしたりダンスをしたり、ガールズトークをしたり。
こういうことをみんなでやっていたのですが、楽しくないんです。

元々パーティ大好きというわけでもなく、ガールズトークに至っては話に入れないんです。
みんな話すの早いし、スラングもバンバン使っていてついていけないこともしばしば。
周りの年齢が若かったというのも大いに関係しているとは思いますが。

何より、説明し難いんですが、居心地があまり良くないというか。
何となく仲間に入れていないような、そんな虚しさがありました。

でも、みんな憧れのアメリカ人のパーティ。
参加してはいましたが、それが今の英語力に繋がったかといえば正直分かりません。


その後社会人になって出会った中で、気が合うアメリカ人の友達は2人ほどいました。
その人たちとはいい関係を築けたと思います。でも、思ってみれば1人は日本が大好きなアジア人とのミックス、もう1人は以前英語を勉強する日本人に対してのボランティアをしていた日本人の血が4分の1入っている(クオーター)人です。
要するに、どちらもアメリカ生まれアメリカ育ちの白人だけれど、日本に何かしら繋がりがある人たち。だから、私は仲良くなれたんだと思います。

結局、そういうことです。

無理して友達になっても、後々しんどいだけです。
それって、本当に友達って言えますか?

それでも日本人以外の友達が欲しいというなら、お隣の国、中国人や韓国人、台湾人なんかと友達になると良いと思います。アジア人同士は気が合うことが多いですし、日本が好きな人が多いです。

ですが、英語の勉強という理由で友達になるのは、やはりなんか違う気がします。

たまたま仲良くなった子が中国人だった。
たまたま仲良くなった子が韓国人だった。
たまたま仲良くなった子がドイツ人だった。
たまたま仲良くなった子がアメリカ人だった。

そんな感じで良いんじゃないでしょうか。

だって、あなたも、
たまたま仲良くなった子が日本人だったんですよね。それでいいじゃないですか。友達ってそんなもんです。

私なんて、一時期日本人の友達探してましたよ。時期としては多分、例のアメリカ人たちに囲まれてた時期です。

気が合わないんだったら、友達なんていない方がマシ。私は、結局今友達と言える人は数人です。
Johnなんて私より友達いません。笑

Johnと私、お互いが、家族であり、夫婦であり、恋人であり、親友なんです。

あれ?ノロケになってしまいましたね…笑